ヴァイクンタヨガとは?

 

伝統的なヨガのポーズを、木製のブロックとベルトを使いながら行うヨガです。

ヨガ解剖学に基づいた内容で、正しい形でヨガポーズが取れるようになり、

骨格、骨盤矯正を含む正姿勢づくりを可能にします。

 

従来のヨガと比較して、より安全にケガなくカラダの柔軟性を高め、

弱い部分の筋肉や骨を鍛えていくことができます。

 

臓器が本来持つ機能を取り戻させることで、

表面的なボディメイクだけでなく、

カラダの内側から美と健康を作り出すことができるヨガとして、

近年注目を集めています。



クラスの内容

古代インドの言葉サンスクリット語で

“サットヴァ”=“落ち着いたココロの状態”に導くことをメインテーマとして、

順序立てて構成されたセットメニューを行って行きます。

 

座位、立位などいくつかのパートから構成され、

各パートの間にはリラクゼーションポーズによるインターバルを設けています。

 

初級者の方はここで呼吸を整え、体力を回復することができ、

上級者の方は、しっかりリラックスすることで、動的ポーズと静的ポーズのメリハリができます。

 

刺激と弛緩を繰り返しながら、

最終的にココロとカラダをサットヴァ=中庸の状態に落ち着けていきます。